外壁塗装の種類

【無料】外壁塗装でボッタくたられない方法

外壁塗装の種類

 

  外壁塗装,種類

 

 

外壁の塗料の種類を3つの区分に分けて勉強します。

 

  フッ素系・シリコン系・ウレタン系・アクリル系
  溶剤系・水性系
  1液タイプ・2液タイプ

 

ここ最近の塗料は品質も向上しているため素人にはちょっと分かりにくいこともあります。
概要だけでも知っておけば見積りや交渉時に役に立ちますよ。

 

 

フッ素系・シリコン系・ウレタン系・アクリル系の塗料

 

外壁塗料として現在多く使われているのが、
【フッ素系】【シリコン系】【ウレタン系】【アクリル系】です。

 

4つの塗料は、価格や耐久性に違いがあるので見積りの額も異なってきます。
価格に比例するように耐久年数も変わってきます。
そのため、多数の業者や種類別の見積もりをもらい比較検討することが望まれます。

 

フッ素系塗料

汚れがつきにくいのが特徴
4つの中では、一番耐久性に優れている

シリコン系塗料

多くの住宅に用いられている
外壁などの塗り替えによく使われる

ウレタン系塗料

耐久性・耐候性などバランスの良い塗料
多くの外壁の塗り替えなどに使われる

アクリル系塗料

耐久年数は少なめ
価格が安い

 

 

塗料には、溶剤と水性あり

 

油性やシンナー系の溶剤タイプ水性タイプに分かれています。

 

用途や質感などによって使い分けされるのですが、種類によって耐久年数もかわってきます。
耐久年数については、[外壁塗装の耐久年数]を参考にして下さい。

 

溶剤系塗料は臭いが気になるのですが、艶があり耐久性があります。
しかし、最近では溶剤タイプのものに近い水性タイプもあります。
コスト的には、水溶性の方が安価です。

 

建物の立地状況や仕上がり具合・価格等によって選ばれることをお勧めします。

 

 

1液タイプと2液タイプ

 

外壁塗料にも1液タイプ2液タイプがあります。

 

  1液タイプ・・・すぐに塗ることができるので素人でも使い易いのがこのタイプ
  2液タイプ・・・主剤と硬化剤を混ぜあわせて使うタイプ

 

どちらの塗料もシリコン系塗料やウレタン塗料・錆止め塗料などの種類があります。
外壁等によって使い分けがされます。

 

 

その他、塗料の豆知識

外壁塗装,種類

 ■塗料を選ぶと時のポイント■

 

 ・耐久年数を考慮する
 ・仕上がりの質感で選ぶ
 ・予算価格で選ぶ
 ・使用目的で選ぶ
 ・その他

 

 

耐久年数を考慮することは大切です。
「次に外壁の塗変え時期は、いつがいいか?」などの計画を立てやすくなるからです。

 

質感は好みの問題ですが、業者さんに相談してみるといいでしょう。
また、使用目的によっても塗料を選ぶ必要があるのでこの点も要相談を!

 

注意してほしいのは、価格だけで選ばないことです。
安いだけで耐久性に欠けていれば 結果的に高くつくこともありますから。

 

その他の点は、カビ防止ができる・コンクリートの打っちぱなしでも使用できる・雨や汚れに強いなど特徴を見極めることも大事になります。

 

外壁の色でもイメージが変わります。
色選びは、ワントーン明るめにするといいと言われています。
ベージュや薄いグレー系が人気の色です。

 

 

見た目や耐久性・価格などプロから見た推奨塗料もあるので
見積りを取りながら選択していくとよいと思います。

【無料】外壁塗装の適正価格を調べるには?