【外壁塗装のボッタクリ価格に気をつけろ!】損しない見積り方法を教えます

【無料】外壁塗装でボッタくたられない方法

3種類の屋根塗装

 

屋根塗装にはリフォームも含めて考えると、
大きく分けて3種類あります。

 

【塗り替え】・・・元々ある屋根に塗料を上塗りする

 

【重ねぶき】・・・元の屋根に新しい屋根をかぶせて新しくする

 

【ふき替え】・・・元の屋根を完全に撤去し、新しい屋根を取り付ける

 

 

どの塗装方法を選ぶかは、屋根の劣化状況や、
経過年数などを考慮して決めます。

 

 

塗り替え

 

元々付いている屋根の下地はそのままに、
新しく塗料を上塗りしていく工法です。

 

3つの方法の中でも一番手軽で、費用も抑えられます。

 

塗り替えができる屋根は、
セメント瓦スレート系金属系の屋根です。

 

屋根材や下地材の痛みがひどくない場合は塗り替えを選びますが、
専門の業者に依頼して屋根の状態をしっかりチェックしてもらってください。

 

屋根材が本当は傷んでいるのに塗り替えで終わらせてしまうと、
耐久性も悪く、結果的にあとで費用がかさむことになりますので注意しましょう。

 

 

重ねぶき(カバー工法)

 

屋根材の痛みがひどい場合は、重ねぶきか、次のふき替え
することになります。

 

重ねぶきはカバー工法と呼ばれ、
元々ある屋根の上から新しい屋根をかぶせる方法です。

 

古い屋根を撤去する必要がないので、
ふき替えに比べると、工期も短く、費用も安く済みます。

 

重ねぶきができるのは、
金属系スレート系の屋根になります。

 

注意すべき点は、屋根を重ねて設置するため、
重量が重くなることです。

 

建物の強度を考慮し、
かぶせる屋根材はなるべく軽いものを選びましょう。

 

 

ふき替え(葺き替え)

 

屋根のふき替えは元々ある屋根を完全に撤去してから
新しい屋根を設置するという方法です。

 

工期も長いですし、料金も一番高額になります。

 

ただし、屋根を一新することで、建物自体の耐久性も上がるので、
長い目で見れば一番お得と言えるかもしれません。

 

葺き替えはすべて取り換えるので、
どのような屋根材でも対応可能です。

 

 

【無料】外壁塗装の適正価格を調べるには?